仏、如来、菩薩、明王の違いは?間違えやすい仏の世界を解説

我々の生活には仏教がかなり奥深くまで入り込んでいます。

冠婚葬祭に限らず、考え方やちょっとした動作まで仏教の影響が見られます。

しかし一方で、仏教のことにあまり詳しくないという人も多いはず。

仏教徒じゃなくても、教養として知っておきたい仏教の話を少ししようと思います。

今回取り上げるのは、仏、如来、菩薩、明王の違いについて。

どれも聞いたことある名前だと思います。

仏像もたくさん作られているので、ビジュアルが浮かぶ方もいるかもしれません。

それぞれについて、何が違うのかと聞かれたら、答えられますか?

もし分からない方は、是非この記事を最後まで読んでみてください!

 

仏、如来、菩薩、明王の違い

仏とは

仏とは、悟りを開いた人のことです。

実在した人物で仏となったのは釈迦のみですので、単に仏といった場合釈迦のことを指すこともあります。

釈迦=仏ではなく、仏教とは仏を崇拝し、仏を目指すものです。

つまり仏とは概念であり、個人名ではないのです。

 

如来とは

如来は、これも悟りを開いた者のことです。

つまり、仏と如来はほとんど同じ意味です。

釈迦は如来という言い方を使えば、釈迦如来となります。

一応悟りを開いた人物というのは釈迦だけなのですが、時空を超えた世界の如来もいます。

そのため、如来にはいくつかの種類があります。

 

菩薩とは

菩薩は、悟りを開くために修行している段階の者です。

もっとも、菩薩までいくと如来まであと少しという段階です。

そのため、かなり悟りに近い場所にいます。

菩薩は、大衆を導くためにあえてこの世に残った存在です。

菩薩もたくさんいます。

 

明王とは

明王は、密教で生まれた仏です。

ヒンドゥー教の神様を輸入する形で生まれました。

明王の特徴は、怒りを表現しているというところにあります。

仏や菩薩は穏やかな顔をしていますが、明王は結構怖い顔をしています。

これは、人々を叱咤し、悟りの道へ向かわせるためです。

決して悪い人ではなく、頼りになる仏なのです。

 

それぞれの種類

では、如来、菩薩、明王にはそれぞれどんなやつがいるのかご紹介していきます。

 

如来の種類

如来には、釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来、薬師如来などがいます。

釈迦如来は釈迦、つまり仏陀そのものです。

他の如来は大乗仏教以降に作られたものです。

阿弥陀如来は極楽浄土にいる仏で、浄土宗の本尊(中心的な仏)です。

また、大日如来は密教における本尊です。

 

菩薩の種類

菩薩には、弥勒菩薩、地蔵菩薩、観音菩薩などがいます。

弥勒菩薩は、仏陀の次の仏として約束された菩薩です。

ただ、弥勒菩薩がこの世にあらわれるのが仏陀が死んでから56億年後くらいなので、その間は地蔵菩薩が世の中を導くということになっています。

全国にあるお地蔵さんというのは菩薩だったんですね。

観音菩薩は観音様と親しまれています。

観音菩薩は、その名の通り「音を観る」ので、願いを聞き入れてくれる菩薩です。

全部で33の姿を持っており、千手観音や十一面観音などが有名です。

 

明王の種類

明王には、不動明王、孔雀明王、愛染明王などがいます。

不動明王は大日如来の化身でもあり、人々を守ってくれます。

孔雀明王は人々の病や苦しみを取り除いてくれるとされています。

愛染明王は、恋愛や情欲を肯定しながらも、仏の世界へ導いてくれます。

明王は密教の文化なので、ご利益のあるパターンが多いですね。

 

まとめ

仏、如来、菩薩、明王について違いを解説しました。

なんとなく聞いたことある名前も、違いが分かればより深く理解できますね。

仏像を見るときなんかも、如来なのか菩薩なのか明王なのかを区別すると、分かりやすいです。