仏、釈迦、仏陀、釈尊の違いは?ややこしい呼び名について解説

仏教についての解説を見てみると、「仏教は仏陀から始まって~」とか「釈迦を開祖とする宗教で~」とか書いてあります。

「仏陀?釈迦?結局どっちなの?」と混乱してしまいがちですよね。

これは、仏陀の呼び方が複数あることが原因です。

仏陀はその本名以外に、色々な名前を持っていて、呼ぶ人によって使い分けられています。

今回は、ややこしい仏陀の呼び名についてまとめました。

 

仏陀の呼び方いろいろ

では、仏陀の呼び方にはどんなものがあるのでしょうか。

次に挙げるものはすべて同一人物の仏陀を指します。

・仏陀

・仏

・釈迦

・釈迦牟尼(しゃかむに)

・釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)

・釈尊(しゃくそん)

・ゴータマ・ブッダ

・ゴータマ・シッダールタ

 

仏陀とは

仏陀とは、サンスクリット語で「目覚めた者」を意味する「ブドゥ」から来た言葉です。

その語の通り、悟りを開いた者を意味します。

いまのところこの世で悟りを開いたのは仏教の開祖である仏陀一人なので、仏陀と言えばその人を指します。

仏というのは仏陀の略称で、同じ意味です。

ただし、別の時空で悟りを開いた仏もいます。

阿弥陀如来とか「如来」とつくものも仏です。

そのため、大体は仏陀と言えば仏教の開祖のことですが、仏陀という語自体はもっと広い意味を持つということに注意が必要です。

釈迦とは

釈迦とは、サンスクリット語で「シャークヤ国の聖者」を表す「シャークヤムニ」からきています。

シャークヤムニが釈迦牟尼となり、それの略称です。

シャークヤ国とは、仏陀の生まれた国の名前。

仏陀は国の王子なのでその名前が大きく関係しているわけです。

釈迦牟尼に敬称である世尊をつけて、釈迦牟尼世尊と呼ぶこともあります。

またそれを略して釈尊と呼ぶこともあります。

 

ゴータマ・シッダールタとは

ゴータマ・シッダールタは仏陀の本名です。

これが一番本人を特定して言えますが、長い上定着していないので日本ではあまり使われません。

一方、仏陀という語が他の悟りを開いた仏も表してしまうこともあり、ゴータマ・シッダールタを特定して言うときに、ゴータマ・ブッダという言い方をすることもあります。

 

まとめ

仏教の解説では、特に前置きなしに「仏陀が~して」とか「釈尊を称えて~」とかよく言います。

私があまり詳しくないときには、「釈尊って誰!?」とか「仏陀と釈迦ってどう違うの?」ってよく混乱していました笑

もしどこかで見かけて、こんがらがった時には参考にしていただければ幸いです。